毒を吐くのも芸のうち?

 06,2009 23:00
 
兵庫県内の人気ラーメン店の2号店が割りと近くに出来たらしく、ふらりと寄ってみました。

塩らーめん
塩らーめん

いかにも「魚介類の出汁に拘りの○○塩をブレンドしたオリジナルのスープ」といった感じ。

でもなぁ。。。

キムチチャーハン
キムチチャーハン

ああ、なんつ~か味がものすごく濃いわりにユルイ。。。食べたそばから胸焼けに襲われる。。。

そのほか「つけ麺」「餃子」等も食べてみました。

こちらのオーナーさん、開店時に色々と考えたのでしょう。
「オリジナリティー」「奇を衒う」「流行を追う」「拘りを全面に出す」「一人客単価○○円!」などのキーワードがきっと店主、オーナーの頭を駆け巡ったと思います。

でも肝心なものが抜けています。「美味しいものを人様に食べて頂く。」

これはもちろんあくまで想像なのですが、こちらの店主さん、ラーメンはそれなりに食べ歩いたかもしれませんが、それ以上の美味しいものを食べた経験が殆どなく極めて狭い世界で自己完結し、当然ラーメン店でしか修行経験もなく、それで店を開店させてしまった。。。というのが何となく透けて見えてしまった気がしました。そんな店だからか店員の接客、オペレーションもダメダメで。

すべてが「素人仕事」でありました。

ここは以前スーパーマーケットがあったのですが、テナント料の高さに音を上げて撤退したと聞きました。
このラーメン屋さんも大丈夫なのでしょうか?
でもラーメン屋さんって不味けりゃ不味いで潰れない程度にやって行けるらしいから。。。まぁいっか~w
 

Tags: 西宮・尼崎・芦屋

Comment 2

2009.11.10
Tue
22:39

 #

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

編集 | 返信 | 
2009.11.10
Tue
23:18

tak #GCA3nAmE

URL

鍵コメさま
こちらその2号店です。雨後の筍状態のラーメン屋業界、いろんな意味での劣化が始まっているのかもしれませんね。

編集 | 返信 | 

Latest Posts