沈まぬ太陽

 04,2009 00:00
 
taiyou

3時間20分の大作です。
これが1985年の日航機墜落事件を主にモデルにした作品である事は皆さんご承知の通り。

印象としては見ごたえがありました。間に休憩を挟むほどの上映時間の長さを感じさせない内容です。
どんなに苦境に立っても諦めない主人公の強さ、組織の理不尽さ、人間の業の深さを強く印象付ける作品です。

しかしこの作品はある意味「被雇用者」側から見た一面であり、過去から現在日航が抱えていると言われている諸問題(退職者に対する高年金、様々な厚遇、会社側への行き過ぎた要求等)などは殆ど描かれていませんので、この辺りはなんとも。。。

まぁそんな細かいところは問題にならないくらい見ごたえがある作品でした。
お勧めいたします。

白線

Comment 4

2009.11.04
Wed
01:02

glass-man #4vlN.j5I

URL

映画館まで、見に行きたい映画です。
映画の休憩のときに流れるバイオリンを
御巣鷹山の事故でお父様を亡くされたご遺族の方が
演奏していると聞きました。

僕は小さかったので御巣鷹山の事故を理解したのは
ある程度年がいってからですが、衝撃を受けました。

みなければ、ならない映画だと思います。

編集 | 返信 | 
2009.11.04
Wed
09:49

しゃべる臓器 #-

URL

日本航空は既死鳥です

この映画は是非観たいです。そういえばこの映画の内容に関して日本航空の関係者が怒っているとかいないとか、、、この映画の原作は最近のものではないですし、別に日本航空を攻撃する内容でもないでしょう。そもそも不祥事続きで客足が遠のいているのは誰のせいなんですかね。本当に日本航空ならびに労働組合は狂っていますね。税金で面倒みても、再生しないのではないでしょうか。税金は常識はずれの年金に浪費されるだけなのに、、、すでに死んでいる企業ですよ。解体でいいのではないかと思います。

編集 | 返信 | 
2009.11.04
Wed
22:37

tak #GCA3nAmE

URL

glass-manさま
インターミッションでは直ぐに外出したのでバイオリンの曲はよく聴けていないのですが
そのエピソードは存じておりました。
3時間20分という長さを感じさせない大作だと思います。

編集 | 返信 | 
2009.11.04
Wed
22:39

tak #GCA3nAmE

URL

Re: 日本航空は既死鳥です

しゃべる臓器さま
ええ、有識者の意見は大体が「JALは一度解散すべき」見たいですね。雇用問題等根深いものはご破算にしないと税金を投入しても無駄になりそうな感じがいたします。民主党は労働組合側にたっちゃいますし。。。

編集 | 返信 | 

Latest Posts