前原国交相、八ツ場ダム視察 住民ら意見交換を拒否

 24,2009 00:00
 
asahi.com 2009年9月23日20時46分

 前原誠司国土交通相は23日、群馬県長野原町の八ツ場(や・ん・ば)ダム建設予定地を視察し、同県の大沢正明知事や地元町長らと意見交換した。建設中止の撤回を求める知事らに対し、前原国交相は撤回する考えはないことを改めて示した。水没予定地区の住民代表らは「中止ありきで話はできない」として意見交換を拒否した。

 ダム本体の建設予定地や、水没予定地区の住民の代替住宅地などを視察した後、大沢知事、長野原町の高山欣也町長ら8人と意見交換した。前原国交相は地元の合意がなければ中止の手続きを進めない考えをすでに示しており、今後も地元との話し合いを継続したいと語った。

 前原国交相は冒頭、「政権交代があったとはいえ、政策変更で皆さんに大きくご心労を患わせ、ご迷惑をおかけしていることに、担当大臣として率直に心からおわびを申し上げたい」と陳謝した。


前原国交相、結局視察したはいいが、中止の白紙撤回はせずに断固中止の意向だと。
住民と国がダム建設に合意した95年当時、前原国交相は「自・社・さ」与党側の一員であった。
与党の一員であった前原氏が政党が「民主党」になっただけで、政権交代されただけで
57年間にわたる協議と合意を無視すると。

マニフェスト至上主義か。 まったくもって住民不在の暴挙といって良いでしょう。恐怖政治ですな。
こんな暴挙にダム建設予定地の住民の人たちはまたも翻弄される結果となりました。

こんな恐怖政治を断行する欠陥内閣なんぞさっさと総辞職しろと思う方は是非クリックを!

白線

Comment 4

2009.09.24
Thu
10:22

しゃべる臓器 #-

URL

暴走モード突入

前原さんも 意地悪な悪の枢軸 小沢 に国内のいやな仕事をおしつけられ少し可哀想とは思います。しかしマニフェストを振りかざすのはいかがなものか?最初に結論ありきではなく順序立てて議論する義務があります。結局公共工事をけずって、他に予算をまわす、、、その場しのぎの姑息的な手段です。票集めのためにいいことばっかり謳っていたのは明らかだったのですが、4年後に尻拭いをするのは大変でしょう。4年後の消費税率20%は必至ですね。。。。ポッポッポーの鳩山さんの二酸化炭素の国外向けマニフェストといい、暴走モードに突入していますね。

編集 | 返信 | 
2009.09.24
Thu
18:37

John Doe #Qhkulfr2

URL

無知な私

お世話様です
いつも拝見しております
無知な私に是非ご教示いただきたいのですが
ダムの建設を中止することに
反対しておられる地域住民の方々の
理由は何なのでしょうか?

編集 | 返信 | 
2009.09.24
Thu
19:17

tak #-

URL

Re: 無知な私

John Doeさま
はじめまして。一人一人のご心情については自分も中々分からないのですが
ダム建設を前提に移転し新しい生活等も始まっている。そこに至るまでの経過が
ダム建設中止によりまったく無になるというのはやはり住民心理としてはやりきれないと思います。
もちろんダム建設による新しい街づくりに踏み出そうとしているのに、何故というのもあると思います。

編集 | 返信 | 
2009.09.24
Thu
19:19

tak #-

URL

Re: 暴走モード突入

しゃべる臓器さま
そうですね。最初に結論ありき、しかもエエ格好しいの結論にそってやろうとするのが見ていて釈然としませんね。
鳩山の二酸化炭素排出削減なんてほとんど外国に金をやるための宣言みたいなものですから。

編集 | 返信 | 

Latest Posts