対局中の羽生名人に記者がサイン求める 厳重注意

 11,2009 12:00
白線
対局中の羽生名人に記者がサイン求める 厳重注意(産経新聞)
 将棋の羽生善治名人(38)に郷田真隆九段(38)が挑戦する「第67期名人戦」(朝日新聞社など主催)で10日、朝日新聞の委託を受けて観戦記者として立ち会っていたフリー記者(75)が、対局中の羽生名人にサインを求めるトラブルがあった。同社は記者に口頭で厳重注意するとともに、対局終了を待って羽生、郷田両氏や共催の毎日新聞社など関係者に陳謝する。

 同社によると、トラブルがあったのは名人戦第1局2日目の10日午前9時45分ごろ、羽生名人が自らの手番で44手目を考慮中、記録係と並んでいた記者が白い扇子とペンを取り出し、羽生名人にサインをするよう求めた。

 羽生名人は対局を中断する形でサインに応じ、頭をかく仕草をしながら盤面に目を戻した。この間、郷田9段は水を飲むなどして様子を見守った。

 この様子はNHKが中継しており、実況担当者が「今、何か書いているようですけれども…」と当惑しながらその様子を伝えた。

 問題の記者は昭和51年から平成11年まで、朝日新聞社の嘱託記者として取材活動を行い、この日は同社の委託を受けて取材にあたっていた。

 休憩時間に担当者が、問題の記者に「対局中に声をかけるような行動は慎んでほしい」と注意したところ「郷田さんの手番だと思っていた。うかつだった」と釈明したという。朝日新聞社は「両対局者はもちろんのこと、主催する名人戦実行委員会のほか、関係者にご迷惑をおかけしたことを深くお詫びします」とコメントしている。



春の珍事でしょうか。KYにも程がありますね。マナーもへったくりもあったもんじゃない。
いい歳をした関係者が何をやっているのでしょう。

「将棋界の中でももっとも伝統のある名人戦・・・」とアナウンスが流れている時の映像が
扇子を差し出してサインを求めているんですから、何とも締りが無いw

「郷田さんの手番だと思っていた。うかつだった」

手番の問題か?

この世界の事はよくしらないけど、手番じゃなければサインするのは日常なの?
常識的に有り得ないと思いますが。。。

羽生名人の長考中、朝日委託の記者が扇子にサイン求める (読売新聞)

 羽生名人は「突然だったのでとまどったが、10秒、20秒のことなので気にならなかった」と冷静に振り返った。


羽生さん、大人ですね。ある意味凄いです。。。勝っちゃうんですから。

参考にしたサイト
ああ、昔に戻りたい

Comment 0

Latest Posts