【納得いかない!】認知症患者の爪はがす、「ケア」主張退け元看護課長に有罪

 30,2009 14:00
白線
認知症患者の爪はがす、「ケア」主張退け元看護課長に有罪 (魚拓

 北九州市八幡東区の北九州八幡東病院で2007年6月、入院中の認知症患者2人の爪計3枚を剥離(はくり)させ、それぞれ10日間のけがを負わしたとして、傷害罪に問われた同病院元看護課長・上田里美被告(42)の判決が30日、福岡地裁小倉支部であった。

 田口直樹裁判長は「患者の苦痛や出血を避ける看護行為でやったものではなく、傷害行為と認められる。正当業務行為ではない」として、上田被告に懲役6月、執行猶予3年(求刑・懲役10月)の有罪判決を言い渡した。被告側は控訴する方針。

 公判で検察側は、上田被告が当時89歳の女性の右足親指の爪を爪切り用器具で少なくとも3分の2以上、当時70歳の女性の右足親指の爪を5分の4程度、それぞれ切除し、当時70歳の女性については右足中指の爪をばんそうこうごとはがした、と指摘。「いずれも出血しており、患者の苦痛や感染の危険などを生じさせ、それを知りながら行った」として、傷害の結果と故意があったとした。

 これに対し、被告側は2人の女性の右足親指の爪はいずれも伸びてもろくなっており、ケアとして切ったなどと反論していた。


これだけ見ると文面どおり受け止められると思いますが、以下のページを是非見てください。

ザ・スクープ   <特集1>「看護師は患者の爪をはがしたのか…“虐待事件”の真実」

■ 看護師は患者の爪をはがしたのか…“虐待事件”の真実
“虐待”でなくて、ケア。なぜ、“患者虐待”になってしまったのか
ADSL(300k)
ISDN(64k) 【約24分】

このザ・スクープの動画をみていただいても分かると思いますが、この判決はおかしいと思う。

ざっと流れを。。。

2007年6月、北九州八幡東病院の看護課長の上田さんが病棟移動になって
移動先の患者さんの今までほったらかしにされていた爪のケアを熱心に取り組む。

それを見た別の無知な?看護師が「ツメを剥がしている」と看護部長に報告。

北九州八幡病院グループで調査。

現場を知らない八幡病院本部の人間がずさんな調査。

本部の人間の指示で記者会見。

虐待があったかなかったのかというのではなく虐待があったという前提での会見になってしまった。

結局虐待したという事になってしまった。

マスゴミが騒ぎ立てた。

6月26日、(会見の翌日)八幡東警察署が病院を捜索。

7月2日、上田さんを傷害容疑で逮捕。7月3日、送検。

行政(北九州市 保健福祉担当者)による調査が行われたが、これもずさんなものだった。

行政でも虐待と認定された。

認定されたその日の夕方に起訴された。(つまり行政の認定が起訴の判断材料にされたと思われる。)


2004年にこれは実際にあったツメ剥がし虐待事件で(この犯人は看護"助手"、つまり病院職員ではあるが、資格等をもたない人。)職場のストレスの鬱憤晴らしで事件を起した事件があった。
これに今回の八幡病院の事件を安易に結び付けてしまった。

この事件は以前よりこの番組の放送を見て以来、ずっと気になっていた事件でした。
もちろん事実は当事者でないと分からないとは思いますが、医療関係者として客観的に見て、

どう考えてもおかしいでしょ。。。これ。。。

こんな判決がでたら誰もツメのケアをしませんよ!

患者さんを愛しきちんと爪のケアをしていた看護師さんが、何で102日間も拘留されて厳しい取調べをうけて罪人扱いされなきゃいけないの??


福岡地方裁判所は医療の現場にきちんとそった審理をしたのだろうか? 
非常に疑問である。


参考ページ
日本看護協会 【「爪のケア」に関する刑事裁判判決について】[PDF 99KB]
逆に「病院低劣看護医療」が明らかに-上田里美事件から


Comment 16

2009.03.30
Mon
20:50

名無し #-

URL

しゃべる臓器

新聞でしかわからないので確かな事はわかりませんが、、寝たきり老人の爪は白癬に侵されて変形して伸びっぱなしになっていることが多く、爪が浮いている場合も多いですし、ひどい場合は皮膚にくいこんだりしていますね。爪のケアは重要だし、ときにはケア中出血もおこりうると思いますが、、、。背景にあるのは人間関係のもつれでしょうか?

編集 | 返信 | 
2009.03.30
Mon
21:16

tak #GCA3nAmE

URL

しゃべる臓器さま
私ももちろん当事者ではありませのんで詳細は不明ではありますが、動画にあった上田さんや関係者のインタビューを見る限りは、この判決はおかしいなと思ったのです。っていうか逮捕~起訴自体がおかしい。

上田さんが一生懸命にやった事が転属先の看護師達に今までフットケアをサボっていたという印象をもたれたのが引き金だったら悲しいですね。それより何故病院側がちゃんと調査しなかったのかが悔やまれます。

編集 | 返信 | 
2009.03.31
Tue
02:16

無名 #-

URL

判決は生ぬるい

判決がおかしいとは思いません。
むしろ執行猶予が付くなど生ぬるい判決で満足していません。

編集 | 返信 | 
2009.03.31
Tue
07:22

tak #-

URL

Re: 判決は生ぬるい

無名さん
そうですか。

編集 | 返信 | 
2009.04.01
Wed
11:10

san #mQop/nM.

URL

体験からいって無罪

takさんこんにちわ。私は鍼灸師です。
自分の経験からいってこのひとは全くの無罪だと思いますよ。自分は仕事で老人ホームに行きます。多くの方が爪白癬にかかってます。私は最初爪白癬を知らずに、年寄りになるとあんな爪が肥厚してくるのだと思ってました。自分の祖母や患者さんの爪白癬を切ったことがあります。少しずつ切っていきますが、とても脆くなっていてボロッと剥げるように取れることもあります。爪白癬を切るのは身内ではなく逆に医療関係者が行った方がいいのじゃないかと思うくらいです。
このニュースの問題は、爪白癬切るのと健康な爪を切るのが一緒かのようにしてるとこじゃないですか。


編集 | 返信 | 
2009.04.01
Wed
16:26

tak #-

URL

Re: 体験からいって無罪

sanさま
はじめまして。書き込みを頂きありがとうございます。
やはり一度でも白癬菌により肥厚した爪のケアを見たことのある人なら、この方がまったくの無実であるというのは明らかであると思うのです。勝手な推察でありますがこの事件の背景に人間関係や転属先の看護師との力関係みたいなものが働いたのではないかと思っております。真偽の程はもちろん分かりかねますが、とにかく医療現場の現実に沿った公正なる判断を司法に願うばかりです。

編集 | 返信 | 
2009.04.14
Tue
14:46

桜餅 #-

URL

無罪という意見に疑問です

はじめまして。
フットケアに携わる看護師として色々な記事を見ていくうちに、こちらのサイトに辿り着きました。
書き込み失礼いたします。

私もこの方の無罪を望んでいるのですが、でもどうもスッキリしません。
ちょっと出血させる件数が多すぎじゃないかと思うんです。
爪白癬の食い込んでいたり、剥がれかかっている爪を切っても出血に至るのは稀です。
「カットバンと一緒につまんで剥した」とありましたが、これはケアと呼べる行為ではありませんよね?
タオルケットに引っかからない様に浮いた爪を切る必要がありますが、観血的になるまで行う必要性があるのでしょうか。認知障害があったり寝たきりの高齢者ですよ?。
他の看護師が報告した、とありますが…では本人は出血したまま誰にも報告せず、何も出血に対しての処置をしないで放置してたのでしょうか?
フットケアは感染防止が主に目的ですが、白癬菌に侵されている部位を出血したまま放置はかなり怖いです。
それに患者のケアは足の爪切りだけではありません。他にもケアや業務が山ほどありますが、この方が爪切りに専念している分、ツケは他の看護師に回ります。
どうも自分のやりたいことだけをやりっぱなしにしている。そんな懸念が拭えないんですが…。

編集 | 返信 | 
2009.04.14
Tue
19:18

tak #-

URL

Re: 無罪という意見に疑問です

桜餅さま
はじめまして。書き込みを頂きありがとうございます。
一つ一つの症例(患者)について出血したかどうかどうか等の問題は当事者にしか分からないこともあり、私の立場でななんともいえないのですが少なくとも当該看護師や関係者から事情を調査した看護協会の見解を信じたいと思います。

こちらをご参照ください。
http://www.nurse.or.jp/home/opinion/newsrelease/2007pdf/20071004.pdf

編集 | 返信 | 
2009.07.24
Fri
09:42

 #

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

編集 | 返信 | 
2009.07.25
Sat
07:35

tak #GCA3nAmE

URL

Re: 知らなかった

鍵コメさま

書き込みを頂きありがとうございます。
今回はまず最初の病院側の発表からしておかしかったと思います。
それが全ての誤りの始まりだったと思います。

編集 | 返信 | 
2010.09.16
Thu
12:31

sato #-

URL

これには、実は複線があるんです。
この事件が起きる2ヶ月ぐらい前に、奈良で爪をはがして虐待していた若い看護師が逮捕されて、ワイドショーに大々的に報道されています。(こちらはガチ虐待)

その先入観も当時の世論にあったこともあると思います。 現場を知らない上司もしかり、マスコミもしかりです。

編集 | 返信 | 
2010.09.16
Thu
13:52

名無しB #-

URL

看護課長、逆算無罪になりましたね。そんな事件もあったなと検索してここに着きました。こんな真実があったとはね。
03 31, 2009のバカ名無しがご迷惑かけました。スルーの仕方がお見事でしたw

編集 | 返信 | 
2010.09.17
Fri
00:00

tak #GCA3nAmE

URL

satoさま

ええ、その伏線についてはこの記事でも触れておりますとおり一応既知でありました。
仰るとおり先入観って恐ろしいですね・・・

編集 | 返信 | 
2010.09.17
Fri
00:04

tak #GCA3nAmE

URL

名無しBさま

医療現場、臨床の場に長くいる人間としては、非常に残念な事例だったと思います。
そして事務方は現場の空気などとは縁遠い感覚の人たちがまだまだ多い現実を
しっていると、この事件?の顛末が容易に想像がついた次第です。

これからはこの看護士さんの失われた時間を取り戻し、その原因を作った調査委員会などに
この責任とってもらうべきだと思います。

編集 | 返信 | 
2010.12.15
Wed
18:15

名無し #-

URL

いい加減微罪で100日も拘留する司法制度は頭が狂ってると思います。
社員をすぐ放り出した病院も問題ですが、まともに背後関係調べないで
報道してた馬鹿なマスコミが一番のガンだと思います。

編集 | 返信 | 
2010.12.15
Wed
20:38

tak #GCA3nAmE

URL

Re: タイトルなし

名無しさま
まったく同感であります。

編集 | 返信 | 

Latest Posts