おいおい、ヤメテクレ!~外国人参政権問題

 18,2009 08:30
白線


柔らかNEWSさんより
民主党・公明党・共産党は外国人参政権付与を求め、法案を何度も国会提出しています。
憲法違反であり国益を大きく損うものでもあります。
私は当然、外国人参政権付与に反対であり、民主党・公明党・共産党の行動には疑問しか感じません。
あくまでも外国人参政権付与をごり押ししようとするおかしな考え方を持った政党を間違っても支持する事は出来ません。

まったく同意見です。

民主党、公明党、共産党はわが国を売り払うつもりなのでしょうか?あきれてモノがいえません。

納税をしているから参政権もよこせというのは筋違いです。

詳しくは→外国人参政権に反対する理由

もっと砕いて言うと。。。

ぐだぐだプリンシプルさんより
国とは我々国民が力を合わせて、運行している自家用船のようなものだ。その目的地や航海ルートを決めるのは、我々オーナーの責任であり、権利でもある。間違った航路をとって、暗礁に乗り上げたら、船底に穴が開いて、皆一緒におぼれてしまう。その大事な舵取りを選ぶというのが、選挙なんだ。在日外国人とは、この船にたまたま乗せて貰っているお客さんのようなものだ。当然、サービスを受けるのだから、税金という代価を払って貰わねばならない。しかし、これは旅客船ではないから、行き先について、注文をつける権利はない。違う目的地を目指したいなら、他の船に乗り換えるか、自分自身の船で行って貰うしかない。国民とは船のオーナーなのだから、燃料代や修繕のためのお金を出すことはもちろん、嵐の時や、海賊が襲ってきた時には、みんなで船を守らなければならない。お客さんは別に自分の船があるのだから、危なくなったら自分の船に戻ればいいが、我々はそうはいかないんだ。英語で、"We are on the same boat."という言い回しは習ったかい? 「我々は同じ船に乗っている」ということは、無事に目的地に着くのも一緒、沈むのも一緒、ということだ。日本語にも「一蓮托生」、つまり同じの蓮の葉に乗って身を託している、という言葉がある。国家とはそういう運命共同体なんだ。国籍をとる、ということは同じ船の一員として一緒にやっていきます、という宣言なんだ。

Comment 2

2009.03.18
Wed
22:41

giants-55 #CSnc5kz6

URL

外国人参政権問題

書き込み有難う御座いました。

外国人絡みの問題になると是々非々で物を捉えずに、「過度な人権派的思考」で外国人を擁護したり、その逆に江戸末期に一部存していた様な「狂信的排他主義」で外国人を叩く連中の対立になりがちなのが個人的にはうんざりさせられる所ですが、この問題に関してはぐだぐだプリンシプル様を始めとした反対派に分を感じます。「何でもかんでも同権利」というので在れば、「日本」の国籍取得が最低条件ではないかと。

以前、この問題に関して色々調べた際、こちらのサイト(http://www.geocities.jp/sanseiken_hantai/data-table.htm)が参考になりました。外国人に参政権を与えている国で在っても、それなりの事情&縛りが在る訳で、日本の場合はそれに倣う必要性を感じない。

野党のみならず、自民党の中にも「拉致被害者救出」を声高に叫び乍ら、その裏では朝鮮総連から裏金を得ていると噂される政治家が結構居る。「自国民を売り渡して、何が国益か!?」と自分なぞは思ってしまう訳ですが、こういう連中は論外。政党云々という“だけ”では無く、個々の政治家の表の顔だけでは無く、裏の部分も含めた検証は、国民として求められる事でしょうね。

編集 | 返信 | 
2009.03.18
Wed
23:00

tak #-

URL

Re: 外国人参政権問題

giants-55 さま

いや、まったく仰るとおりで、一つの政党を一くくりにしてはどこも一長一短があるなと最近つくづく思うのです。日本を食いつぶす「敵」は内にも外にもあり、それぞれに都合のいいように個々の政治家が立ち回っているだけなのかなと思うと、保守二大政党制なんて意味無いじゃんって思ってしまいます。

そしてこの問題は百歩譲っても外国人に参政権は渡すべきではないと思うんです。特にわが国における在日外国人を取り巻く状況を考えると(今までに彼等に与えてこられた特権があり、その結果現状がどうなっているかという経緯を含めて)この法案は本当に日本の国益どころか根幹をも蝕まれる結果になると思います。本当にヤバイです。

編集 | 返信 | 

Latest Posts