会心のリード!城島、ノムさん“褒め殺し”

 17,2009 08:00
白線
会心のリード!城島、ノムさん“褒め殺し”】(SANSPO.COM)
 WBC第2ラウンド1組1回戦(日本6-0キューバ、15日=日本時間16日、米・サンディエゴ、ペトコ・パーク)よほど頭にきていたのだろう。試合後、城島は関係者通路で捕手の大先輩である楽天・野村監督へ嫌みたっぷりの“褒め殺し”を始めた。

 「配球のことなら野村さんに聞いてください。(韓国に)0-1で負けて、配球が悪いっていわれたからね。現役のときに1点も取られていない捕手なんでしょ? (野村監督の著書の)『野村ノート』を勉強したら0点でした。野村さんの配球術がキューバに通用しました。お礼を言いたいくらいです」

 キューバの強力打線に1点も許さなかったからこそ“反撃”に出た。これまで何度も野村監督からリードを酷評されてきた城島は、『野村ノート』を何度も“絶賛”。2安打も相手の配球を読めたからだと強調した。

 この日のリードは、それほど会心の出来だった。ペトコ・パークは、風の影響などで本塁打が出にくいとされる。松坂の直球が走っていると判断すると、打者一巡するまではツーシーム系で内角を突いた。2巡目からは広い外角のストライクゾーンを利用。外野手を普段より少し深く守らせたり、故意に構えとは反対のコースに投げさせて的を絞らせなかった。

 「球場によって配球を変えるというのは『野村ノート』に載ってなかったな。持ってないですけどね」。笑顔、笑顔の正捕手だった。

ノムさん、城島口撃に「嫌みもいいところ」 】(SANSPO.COM)
 城島の“褒め殺し”を伝え聞いた楽天・野村克也監督(73)は「ハハハ…。嫌みもいいところだな。ケナシのノムさんだから。ボヤキのノムさんから改名してくれる?」と苦笑した。キューバ戦は早朝だったために観戦しておらず、この日の城島のリードについてもコメントなし。ただ、難敵キューバに完勝したことについては、「もっと苦戦するかと思ったけどね。終着駅(優勝)にいけるんじゃないの」と評価していた。

いいですねぇ~城島選手。韓国戦の後に野村監督に配球に関して苦言を呈されていましたから、これで気分もすっきりしたことでしょう。野村監督の功績は誰もが認めるところなんですが、別に国際試合の経験があるわけでもなく、いわばドメスティックな世界での功績。ワールドワイドなメジャーリーグを経験している選手とは比較の対象にならないと思います。

相手が大先輩であろうとも何か言われたら結果を残して言い返す。目には目をです。天晴れ城島!
こういう人好きだな^^

Comment 2

2009.03.17
Tue
14:24

giants-55 #CSnc5kz6

URL

ノムさん

書き込み有難う御座いました。

ノムさんの強烈な皮肉。そして、それに対する反論。ノムさんと古田氏の間でしばしば繰り広げられる“御決まり事”で在りますが、双方共に野球に対して一家言在る方ですから、その内容に頷かされる事もしばしば。

今回の城島選手の応酬、思わず笑ってしまいました。プロは結果を残してなんぼ。大先輩の皮肉に対して、きっちり結果を残して反論出来たというのは、凡庸な選手では出来ない事。城島選手、天晴れだと思います。

さて明日は、因縁の韓国代表チームとの闘い。キューバ代表チームとは又一味も二味も違った攻めが求められるでしょうし、再び彼の頭脳に期待したところです。

編集 | 返信 | 
2009.03.17
Tue
17:24

tak #GCA3nAmE

URL

giants-55 さま
そうですね。準決勝はアジア予選で日本チームが打てなかった奉重根選手が当番するようですし、
前回はノーマークでデーターが無かったらしいですから、今回は同じ徹は踏まないでしょう。
城島選手もその辺りは充分に研究してくるとおもいますし楽しみです^^

編集 | 返信 | 

Latest Posts