不正請求が多発するワケ・・接骨院業界の討論会で見た

 18,2008 09:00


本日朝日放送「ムーブ」(午後3時49分~)の中で

「不正請求が多発するワケ・・接骨院業界の討論会で見た」

が放送されます。

内容は接骨院業界の保険不正請求の実態等となると思います。ご覧くださいませ。

番組HPへ↓

ムーブロゴ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

内容のまとめと印象

・柔道整復師における健康保険適応の疾患とは

「打撲 ねんざ 肉離れ 骨折 脱臼」の急性期のみ。

もちろん「肩こり」や「腰痛」などのマッサージ等の施術費用は保険適応外。

番組では以前に「肩こり」のマッサージを受けているのに健康保険が利くといわれて

その実態は「捻挫」などの保険病名を接骨院側によって勝手につけられていたケース、

4回しか接骨院に通院していないのに12回通院したことになっているケースなどが取材されていた。

そもそもが今の時代に柔道整復師による施術に保険適応は必要ないと考える。

(柔道整復師の医療行為の保険適応は元々は整形外科が充足していない時代の名残のようなもの。)


骨折や捻挫したら普通は病院にいくでしょ。。。。接骨院に行くか?


・柔道整復師の人たちは都合のいいところだけ医療関係者のような顔をする(人も居る)。(勝谷誠彦氏談)


・柔道整復師学校 乱立~十分な講義さえ行われていない実態。

~卒後研修の必要性を柔道整復師側は訴えるが、

不正請求問題を卒後研修に話をすりかえているように思われる。


・監督官庁であるはずの厚生労働省があまりこの不正請求問題に関わり合いたくない姿勢をとる。

何故か。。。

柔道整復師の保険不正請求に関する法律がないから・・・そして担当者も居ない状態。

グレーゾーンのままの方が都合がいい人たちが大勢居るらしい。

~新たなる法整備の必要性。。。

(っていうか接骨院での健康保険適応を全て外すべきだと思うけどね。)


Latest Posts