おくりびと

 06,2008 01:00

roseさまのブログでのレビューを拝見してこの映画を観たくなって行って来ました。

おくりびと
おくりびと

結論いい映画だなぁと思いました。
死と向き合うことにより初めて見えてくる人生。
故人を愛しむ周りの人々の思いなどがユーモアを交えてよく画かれていました。

女房役の広末ちゃんがこれまたイイ。
暗く湿っぽくなりがちなテーマにあって明るく朗らかな彼女の表情は、
色々と思い悩む主人公の救いや、死と向き合うことにより意識される生命力の象徴のように
画かれていました。

納棺師役に山崎努さん、ちょっと「お葬式」を思い出した。
フグの白子を食べるシーンはなんとなく「たんぽぽ」の事を。。。

「困った事に旨いんだなぁ、これが。。」
そう、食べる事とは即ち生きる事。

こういった食事のシーンに辺ってはこの方の脚本によるところも多いのかな。

Comment 4

2008.10.06
Mon
14:23

giants-55 #CSnc5kz6

URL

「おくりびと」

書き込み有難う御座いました。

この作品、高く評価されている方が多いですね。自ブログにしばしば書き込んで下さる破壊王子様やマヌケ様も観に行かれたそうで、良い評価を下されていました。特に破壊王子様は、tak様と同様に「映画『お葬式』の雰囲気と似ている。」書かれていたので、自分もこの作品が気になっております。

編集 | 返信 | 
2008.10.06
Mon
14:23

ローズ #-

URL

こんにちは(#^.^#)tak様♪
観にいかれた感想「良かった映画」お互いに同じ気持ちになれて大変嬉しく思います、私も本当にあの山崎努さんの「困った事に旨いんだなぁ、これが。。」
この白子をモックンとほおばりながらつぶやくシーンもジーンときまして おっしゃる通り「食べる事とは即ち生きる事」ほんとにそうですよね。。現実はこうなんだって事を深く思っていく場面でした
ん~ takさんは広末さんの雰囲気がすごく好評だったようで!!なるほどっっ私はチョッチな女優さん 笑
そう、ユーモアな場面では大爆笑な私達でしたし
悲しい時は、どっぷり号泣だし
笑って泣かせてくれた1本だと思いました。
TB及びコメント、それからroseのご紹介いただきまして本当にありがとうございました
嬉 感謝~ ニャオニャオ~♪♪

編集 | 返信 | 
2008.10.06
Mon
21:04

tak #GCA3nAmE

URL

giants-55さま
なかなかジンワリといいなぁと思える映画でした。物語は坦々と進みますが決して退屈することも無く通して見ることができました。お勧めさせていただきます^^

編集 | 返信 | 
2008.10.06
Mon
21:05

tak #GCA3nAmE

URL

ローズさま
そうですね。いい映画を共有できた事は私も嬉しいです^^
こちらこそこれからもよろしくお願いいたします!

編集 | 返信 | 

Latest Posts