新たなるモチベーションなど

 02,2008 00:00
【ヘルニアによる坐骨神経痛、手術による利益は半年で消失】
BMJ誌6月14日号

これは頚椎カラー


要約:椎間板ヘルニアに起因する坐骨神経痛に外科手術を行うと、保存的治療と比べて下肢の痛みや機能障害は速やかに改善するが、6ヶ月後にはその差はほとんど消失することが、オランダの他施設共同RCTにより明らかになった。

とある先輩の先生と話をしていて。。。
「痛みのコントロールに関しては誰が一番上手とか誰が権威とかって本当にない。神経ブロック、除痛手技に関しても同じ手技のはずなのにみんなやり方が違ったりする。それだけまだまだ医学はペインコントロールという事に対しては分からない事が多い。これは施術する方とされる方の相性に寄る所が多く、だから時には鍼灸師や柔道整復師達の施術がピタッとはまって、良い結果を生む事がしばしばある。整形外科の先生にしても筋や神経の事はよく知っていても、痛みのコントロールに関しては案外無関心。(もちろん違う人もいらっしゃいますが。)

鍼灸

よって誰が痛みのコントロールにおける専門って事はない。
そこに我々門外漢でも十分に入っていける余地はある。

パラダイムシフトは仕掛ける方は楽しいもの。

こういうありがたいお話を聞くとまた仕事のモチベーションが上がったりする。 感謝!

そして画像はこの日の夕飯の鳥鍋。我が家のは調味料色々です。水ナスもありますな。
鳥鍋 鳥鍋2

Comment 4

2008.09.01
Mon
22:55

しんぞう #-

URL

ほんと、整形外科医の先生は、ペインコンントロールに無関心!?の先生が
多いですね。(痛い・痛いと訴える患者さんが多すぎて麻痺するのかな?)
ロキソニンかシップ、ブロックという名の局麻の局注しかないような…^^;
ま、「痛い」という感覚は個々の主観であって、客観的に評価するのが難しい
から、余計に難しいのでしょうね。

で、takさん鍋の調味料の味噌みたいなのは何ですか?
うちは、柚子胡椒を入れたりします~^^

編集 | 返信 | 
2008.09.01
Mon
23:26

tak #GCA3nAmE

URL

しんぞうさま
そうですね、この辺りは自分も認識不足でした。除痛医学の現状。。。
もっと自分も勉強しなきゃ、そして勉強のやりがいがあるなと思ってここに記した次第です。

あっ、赤いのは柚子胡椒(ゆうなんば)です。
能登の旅館「さんなみ」のご主人のお手製です!
旅館で頂いたときに風味豊かで美味しかったのでかって帰りました^^

編集 | 返信 | 
2008.09.02
Tue
04:48

しゃべる臓器 #-

URL

子供の頃、転けて泣いてたら、母親が痛いところをさすってくれたら痛みがましになった経験はありませんか? 包帯、湿布、すべて同じ効能があるはずだと思います。ペインコントロールの基本は痛いところを触る(気持ちをこめて)ことかもしれませんね。

編集 | 返信 | 
2008.09.02
Tue
07:39

tak #GCA3nAmE

URL

しゃべる臓器さま
なるほど~確かにそうですね。ペインコントロールってのは色んな角度から
アプローチしていかなければいけませんね。

編集 | 返信 | 

Latest Posts