トゥールモンド:大阪市西区

 15,2007 11:00
仔豚と色々貝

土佐堀にある小さなビストロ(カジュアルフレンチ?)。席数はカウンターを入れても20席程。
アラン・デュカス氏が昨年来阪の際、あまから手帖の編集長の門上さんらが連れて行った
お店の一つです。(他には吉兆高麗橋本店、天神坂上野、道頓堀今井、小鯛雀鮨のすし萬など)
その他こちらのお店のHPは無いのですがネット上での評判も良いようなので
ディナーに行ってきました。

トゥールモンド
トゥールモンド

メニューは割と種類豊富でセレクトするのも結構楽しい感じです。
この日は肉系メニューを中心に選んで見ました。

新玉葱のスープと玉葱のキッシュ新玉葱のスープとキッシュ


テリーヌブータンノワールのテリーヌとブリオッシュ ¥1050
豚の血を使ったテリーヌです。
イメージよりしつこくはないですよ。


蝦夷シカのソーセージとシュークルート蝦夷ジカのソーセージとシュークルート
メニューにないメニューとのことでした。


仔豚と貝仔豚の塩漬けと色々な貝、そのエキスの
風味のレモンバームの煮凝り添え ¥2625

貝は牡蠣、はまぐり、ツブ貝、貝柱でした。
豚肉の塩漬けと貝とジュレの組合せの
アイデアは中々goodだと思いました。
カラフルでフォトジェニックな一品です。


茨城県産仔ウサギのガランティーヌ茨城県産仔ウサギのガランティーヌ
¥3465


タスマニア産粒マスタードとポルト酒のソースタスマニア産粒マスタードとポルト酒のソースで

この他お肉料理メニューだけでもオーストラリア産ドーセット種の仔羊の背肉のロースト、
ドンブ産ウズラ一羽の詰め物、ビュルゴー鴨の胸肉のローストなどバラエティーに富んでいます。

でもこのお店のファンの方ごめんなさい。
頂いたものはみんな悪くは無いんですが、最初に期待が割りとあったせいか、
自分的に「これ美味しい!」ってのはありませんでした。
ビストロ的味付けってのが自分には合わないのかも知れませんね。

お会計はグラスシャンパンと(ワインにしようかと思ったけどあえてやめて)ビール、
グレープフルーツジュースを含めて¥13,240/2人でした。。。
美味しいものを食べたい?それとも珍しいジビエ系を食べたい?など
どうとらえるかでCPの評価が分かれるラインのお値段だと思います。

Monsieurの伝言。。。。
デュカスのサイン

"Merci beaucoup, bon, trebian"とのことです。

こちらのご主人はまだ31歳。お仕事ぶりからその熱心さがよく伝わってきました。
これからを期待しております!がんばってください。

トゥールモンド (検索はこちら
大阪市西区土佐堀1-4-2 西田ビル 1F
06-6444-8819 
11:30~14:00 18:00~22:30 
日・祝日定休

ブログランキングブログランキングバナー

FC2 Blog Ranking FC2ランキングバナー


Tags: 大阪市中央区・西区

Comment 9

2007.03.15
Thu
18:59

ローズ #-

URL

好きな人は、たまらないのでは
 と思って日記を見ていました
どれをとっても これいい!!って周波数パチ みたいのがないときは
ちょっとなぁ~って 私自身もそうなります
私も同じくこういうお料理に どうしても絶対好きっていうタイプではないので
すきずき ですよね 難しいと思う。。
美味しそうな和食割烹は ゴックン状態になる私ですね
後、麺の店とかも大好きです♪
31・・わかい方ですねぇーー

編集 | 返信 | 
2007.03.15
Thu
21:49

mint2 #HfMzn2gY

URL

Tak先生♪
私の拙ブログにお運びいただいて、そして先生のご配慮心より感謝申し上げます。
大変光栄です。これからもいっぱいステキなお写真やお話、先生が腕をふるわれる様子やちょっと辛口コメントも期待しております。ご教授よろしくお願い致します。(^^
ホント、お若いシェフですね~。デュカス氏のサインがおばかな私にはメニューに見えたりして。。。(^^;;

編集 | 返信 | 
2007.03.15
Thu
22:21

tak_123 #GCA3nAmE

URL

ローズさま~
たしかにシカ、ウサギなど珍しいお肉料理は楽しめると思います。
マダムも感じの良いかたですので良いお店だと思いました。
あとは好き好きですよね~

mint2さま~
ども~リンクさせて頂きました^^
写真もサムネイルからのリンク分に関してはもう少し大きく
表示されるように工夫しようかなとかんがえております。
これからもよろしくお願いいたします!

編集 | 返信 | 
2007.03.16
Fri
00:02

giants-55 #CSnc5kz6

URL

諸々

書き込み有難うございました。

tak_123様的にはイマイチな内容だったのですね。唯、料理自体は凝っていると言いますか、バリエーション的に面白いなという気がしました。こちらに書き込ませて戴いた過去の文章からも御判りの様に、自分は結構”匂い”に敏感なんです。特に肉の獣臭さが一寸苦手なのですが、その意味では豚の血を用いたテリーヌっていうのがパッと見には気になりました。でも、そんなにはしつこい味(匂い)では無い様ですね。子豚の塩漬け~も面白い組み合わせで、噛み締めた後にどの様な味が下に残るのか興味在り。創意工夫力は買うものの、シェフの年齢を考えると今後のレベルアップを期待という所でしょうね^^。

書き込み戴いた件ですが、ONが現役だった頃と比べると使用球の反発力は格段に上がった、即ち飛距離は格段と伸びたと言われていますね。唯、逆に当時は概して球場の大きさが今よりも小さかった訳ですから、総合するとどうなるかというのは在りますが。

打撃練習の道具の向上や、筋肉トレーニングが積極的に取り入れられる様になった事等で、打撃力は格段と上がったと言われています。それに対して、投手力は然程上がっていないとも。使用球を以前に比べて”飛ばない”仕様に戻したり、ストライク・ゾーンを広げたりはしていますが、それでも未だ打高投低傾向は否めず、投手受難の時代という感じはします。

編集 | 返信 | 
2007.03.16
Fri
13:28

tak_123 #GCA3nAmE

URL

giants-55さま
どもです。たしかにブータンノワールは切ったまんま置いておくと匂いも感じました。
ビストロって日本でイタリアンみたいに中々根付かないのも、この辺に訳が
あるのかもしれませんね。。。

そうですね~確かに球場自体が小さかったと事情もありましたね。
球場の大きさって統一できないのでしょうか?子供のころからの疑問です^^;

編集 | 返信 | 
2007.03.16
Fri
23:24

銀河 遼 #z.Jczy7U

URL

フレンチですか~・・・・・・。

まあ、私はフレンチを語れるほどフレンチを知らないので、本当に多くは語れませんが・・・。

ディナーコースを食べた時に、はじめから終わりまでの料理の塩加減が同じ店があるのですが、そこがきちんと管理されていないとコース料理は破綻すると考えています。

日本の料理でもそうですが、テーブルで調味料を使えない完成した料理では塩加減が生命線ではないでしょうか?素材が良くて、塩加減が適当なら殆ど美味しさは出るはずなので、食べ終わって、問題を感じるのは、徐々に塩味を減らしていないのではないかと思ったりしますが、如何なのでしょう???

プロがどうしているか知りませんが、空腹で食べ始めた時は味が濃い方が美味しく感じ、だんだんと塩を減らしていかないと最後には濃すぎてくどくなりますよね?

此処はどういう感じでしたか?私はフレンチの店では最後にくどいと思うことがままあります。

編集 | 返信 | 
2007.03.16
Fri
23:35

まあこ #-

URL

素直に質問

あのね、「ビストロ的味つけ」ってどんなのですか?

毎日takさんの記事を楽しみにしています。
そして「よぉ~毎日こんなに食べてるなぁ~」って感心してます。
その貪欲なまでの好奇心に日々頭の下がる思いです。

今日のメニューは私は苦手やわ。(笑)ジビエ系がダメやもん。_(^^;)ゞ

編集 | 返信 | 
2007.03.17
Sat
00:44

tak_123 #GCA3nAmE

URL

銀河 遼さま
コース料理における塩加減のもって行きかたは自分も聞いたことがあります。
このお店はとりあえずアラカルトのみだったんですよ。。。
今回食べたものでは塩加減が一番分かりやすかったのは
「仔豚の塩漬けと色々な貝の。。」がピークでした。
塩加減一つで料理の印象って決まりますね~うーん、深いっ!

編集 | 返信 | 
2007.03.17
Sat
00:45

tak_123 #GCA3nAmE

URL

まあこさま~
どもです^^
以前「大西亭」に行ったときも何となく感じたのですが、どうも素材自体の味に
エッジが立っていないような、もしくは素材から旨味があまり出ていないまま
ソースがかかっている感じなんです。<ビストロ的な味付けの自分的解釈。
たとえばkaizanさんで食べているときはまずそういう感じはないんですね。
素材の旨味とソースのコンビネーションが本当に絶妙なんですよ。
素材の選び方などをお伺いするといつも感心してしまいます。
先日の「仔鹿」も散弾銃でなくライフルで脳天を一発でしとめたものを
入れているそうです。。。その方がより肉が柔らかいからと。。。
いや、まったく素晴らしいとおもいました。

>毎日takさんの記事を楽しみにしています。
>そして「よぉ~毎日こんなに食べてるなぁ~」って感心してます。
ありがとうございます。
でも今週はたしかにちょっと飛ばし気味でした^^;

編集 | 返信 | 

Trackback 1


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
  •  トゥールモンド(フレンチ@大阪 肥後橋)
  • 国立国際美術館近くにある評判のビストロ。ランチで何度かチャレンジしてみたことはあるのだけどフラレっぱなし。今回は、ディナーで同じ轍を踏まないためにも予約して訪問しました。(ここは、ランチもディナーも予約必須ですね。)やや暗い照明の店内はモダン的でスタリッ
  • 2007.04.20 (Fri) 13:20 | 自堕落的 食べ・飲み歩記

Latest Posts