鮨 千陽@福島~料理人大学運営のお寿司屋さん

 30,2015 11:00
料理人大学
カンブリア宮殿にも出演されていた「東京すしアカデミー」
あんな実践主義の寿司の専門学校が大阪にもあればいいのになと思っていたらあったんですね。
料理人大学すしマイスター専科→http://insyokujin.ac/sushi-meister/

世界中で寿司人気が高まり日本人の寿司職人の需要はどんどん増えているのに
肝心の日本の寿司屋さんは減り続け、若い人が寿司を学ぶ場所が限られてきている。
その上寿司屋に就職しても何年も何もやらせてもらえずその大多数が辞めて行ってしまっている。
江戸前寿司なんて入職してから10年しないとお客の前で握らせてもらえないとかあるでしょう。
そして肝心の教育の方法も「職人仕事は目で盗め」なんて教えることを放棄しているとも取られる状況。
(職人として一端になるにはそれくらいの必死さがないとダメという意味もあるとは思いますが。)
こんな事では若い職人さんは中々増えては行きません。
女性に至ってはその門戸さえはほぼ閉ざされているのが現状。

こんな状況を作り出しているのは所謂「職人仕事の誇大美化」だと思っています。
例えば鰻屋さんの「串打ち三年、割き八年、焼き一生」などは誇大美化の典型だろうと思っています。

寿司は器用不器用はあると思いますが、実際の調理一通りに1年、店運営のノウハウに1年で
それなりに形になると思っています。

こちらはその料理人大学が運営しているお寿司屋さん。

鮨 千陽
千陽
場所は福島。なんと”すしバル藤家”さんの隣です。

店内
店内
カウンター7席のみ。板場とまっ平らですから手元丸見え。
板前さんは緊張するでしょう。良い修行の場になっていると思います。

こちら料理人大学のすしマイスター専科を修了された方が板場に立っておられます。
三ヶ月で修了し昨年12月に開店したこちらのお店に入られたそう。
ですので鮨職人歴は1年未満。

内容は基本3500円のワンコース。希望のものがあればそれに追加する形になります。

先付け
先付け
手前の「はりいか酒盗和え」、やはり酒を呼ぶ。(クルマですので呑んでいませんが)

お造り~きあら、本まぐろ
お造り

お寿司へ

はりいか
いか

鯛 昆布〆
たい

春子鯛 酢〆
春子

雲丹 三杯酢
雲丹

帆立
帆立

漬け
漬け

海老 (甘海老のそぼろ)
海老

穴子
穴子


玉

お汁
お汁

鉄火巻き(追加で)
鉄火

もちろん値段の事や新設の店ですから仕入れルート確保の問題等があると思いますので、
ネタの質はそれほど極められていないのは想定内。
でも握りのバランス、シャリの具合等はかなり好みでした。
 
十分に美味しかったし第一安い! 追加鉄火巻き加えて税込み4500円でした。
これからはこういうシステムで育ってこられた板前さんの成長を見守って行ければなと思います。

鮨 千陽
 

Tags: 大阪市北区・福島区

Comment 2

2015.05.30
Sat
23:02

けん #0Auklr8M

URL

このお店の佇まいは高級店みたいな印象をうけますが非常に安くて内容が良さそうですね。

そしてなによりカウンターと板場が平らで握り手を見れるというのは自分にとって高評価です。

一度行ってみなければ

編集 | 返信 | 
2015.05.31
Sun
00:17

tak #GCA3nAmE

URL

Re: タイトルなし

けんさま

はい、お店の造りはシンプルで落ち着いた仕上がりになっていると思います。
板前さんはまだぎこちないところもあると思いますが、一所懸命されていると思います。

編集 | 返信 | 

Latest Posts