すし処ととや@東銀座

 02,2014 22:00
食彩夜話~東京寿司紀行。

今回は東銀座のこちらのお店。
東銀座の寿司屋

とある辛口グルメ評論家をして「季節ごとの訪問をおススメしたい店」とまで言わしめるこちら。
よって結構期待して今回はこちらのお店をチョイスした次第ですが。

結論からざっくり言うと

・もうね、ガリからしてすえた匂いを感じてダメだった。
・柚子胡椒を使っている時点でこれもダメ。
・マグロ等の鮮度がどうも微妙で途中でお腹痛くなった。
・つまみと鮨と小瓶ビールで一人24000円は高すぎ!
(場所代というかもしれないが、銀座とはいえなんか辺鄙な立地だぞ!)

今回の写真ですが、店に入って空気的にも自分の気分的にもカメラ出して写真を撮ろうという気にも何となくなれず
途中でスマホで撮ったこの画像だけ。
まぐろ

まず、つまみから
・ひらめ、こはだ、生たこ
・細切りさよりの柚子胡椒あえ、あともう一品。

何も料理らしいことしていない、単なるネタの切り出し。まあいいか。

寿司は
・ひらめ
・すみいか
・こはだ
・春子鯛
・さより(柚子胡椒)
・赤身
・中とろ
・大とろ
・赤身漬け
・みる貝
・赤貝
・雲丹
・煮蛤
・穴子
・玉

写真で見るように寿司はかなり細いフォルム。小さめが好まれる江戸前鮨とはいえ、小さすぎでしょ。
それに赤酢のシャリが評価高いようですが、なんら良い感じだとは思えず。これなら前回銀座でいただいた
こちらのお店のほうがずっとキリリとして個性的で美味しかった。
 
最後の煮蛤と穴子のツメですが、これがまた甘ったるくてタネ質の風味ぶち壊し。
まず煮蛤のツメダレがダルくて、その次の穴子にもツメを塗ろうとするのを止めてもらおうかと思った位。

それにサヨリに和えられた柚子胡椒、大体それ使っている時点で魚の風味を無視しているとしか思えない。
あれは口の中に入れるとしばらく舌が痺れる位の破壊力有りますから。
本当このあたりは失礼ながらセンスないなあぁと呆れました。
 
多少よかったのは春子鯛とこはだ位。赤貝もダメで、マグロは春のものでまぁしゃーない。
まったくもって自分的にはいいところなしのお店でした。ほんと途中からゲー吐きそうになりました。

そして。。。
領収書22

(別に経費で落とすつもりで領収書もらったわけでないよ。料金の覚書代わりで。)
授業料高くつきました。。。orz....

銀座の寿司に憧れと畏敬の念と、そして何よりの楽しみにしている気持ちがガラガラと音を立てて崩れました。
店を出ていつもの銀ブラもせず、急いでホテルにかえって暫く塞ぎこみましたとさ。

まぁ店的にはディープな常連が着いているそうで、俺みたいな一見はどうでも良いと思ったのでしょうか。

単に「自分に合わなかった」と納得させるしかないのか。。。
こういうことを書くと「所詮贅六野郎の口にはあわねーから!」とか言われそうですが
こんな寿司なら、分からんでもええわ。
 
立ち直るまで時間が掛かりそうです。次に東京に寿司食いに行くのはいつのことやら。。。 
 

Tags: 東京

Comment 6

2014.03.03
Mon
11:09

ぽこ #-

URL

こんな寿司ならわからんでもええわ・・のくだりで爆笑しました(笑)

編集 | 返信 | 
2014.03.03
Mon
11:22

tak #GCA3nAmE

URL

Re: タイトルなし

ぽこさま
喜んでいただいて何よりです。。。

編集 | 返信 | 
2014.03.03
Mon
23:35

ひろ #mQop/nM.

URL

柚子胡椒、ナマモノには合いませんか。

合いそうにないですねw

編集 | 返信 | 
2014.03.04
Tue
00:34

tak #GCA3nAmE

URL

柚子胡椒

ひろさま
ええ、まったくダメです。さよりに柚子胡椒。
案外東京の人にはこういう組み合わせって新鮮なのかも。
関西だと使われまくっていい加減辟易なので、銀座の寿司屋で遭遇したくない組み合わせでした。

編集 | 返信 | 
2014.03.04
Tue
15:16

斗々屋茶碗でイクラ丼 #-

URL

怒りのままの殴り書き、笑ってしまいました。

とくに「途中からゲー吐きそうになりました」なんて。

関根の親方、さぞや悲しむことでしょう。(アハハ)

でも東銀座とは言え、
30年前から銀座の旦那衆たちに愛されてる鮨店です。

その意味合いを知ってほしいし、(ザンネーン)
ここは銀座、中途半端やパチモンは生き残れませんよ、その月日を。

すきやばし次郎同様、割烹出身の艶系で、
新橋花柳界伝統の芸者の小さいおチョボでも頬張れるお鮨なんだけどね。

ドブに銭を捨てる気持ちで、もう数度訪ねてみるといいですよ。(御縁があれば奢るよ)
唇を噛み、地べたを這うように修行してきた親方の鮨の真実が解るから。

あと、ここに集う粋人たちもオモシロいよ。(ディープで)

今日からこのブログのファンになりましたよん。

編集 | 返信 | 
2014.03.04
Tue
15:27

tak #GCA3nAmE

URL

そうですかぁ~地べたを這うような修行とのこと。まるで見てきたようですね。
こちらの大将とご一緒に修行でもされたので?^^

私はドブに銭すてるほど酔狂でもありませんし、また芸者でもないので(笑
ああ、奢ると言われても、こちらまでの交通費や宿泊費までもってくれたとしても
もう食べたくないです。ここの寿司は。

集う人たちを粋人とお仲間内紹介。
そちらにはそちらの世界があるのでしょう。お元気で!
 

編集 | 返信 | 

Latest Posts