寂しいけど

 30,2014 01:00
もうあの名調子は聞けないのか。。。

裂き

女将さん「実は。。。」
「主人は昨年の10月に亡くなりました。」

えっ。。。

しばし呆然。以前から患ってらしたのは知っていましたが、それでもやはり。。。

現在店は女将さんが引き続いてされるということ。気を取り直していつもの鰻重をば。

うな重

うな重2

「あぅ~、ウチの鰻は日本一や!ウチで食べたら他所では食べられんでぇ~」と

故桂枝雀師匠と良く似た風貌の大将から講釈を拝聴しながら食べる鰻は格別だった。

「ウチは何十年も仕入先は浮気してまへん!そやから特別のをいっつも置いてくれてるんや。」

たしかに素材としてここより凄い鰻は他で食べたことないし、関西風鰻屋のある意味ピンであると
ずっと支持させて頂いていました。

今は女将さんが変わって鰻を焼いてくれています。天火のガス焼きなので、炭火ほどの労力は必要でなく
生前から女将さんが時々焼くのを手伝っていましたから、今日食べた鰻もほぼ同じ味で提供してくれました。

でも、やはり寂しいものです。
カウンター向こう
いつも狭いなぁと思ってカウンター越しに眺めていた調理場が今日は凄く広く映りました。

ご主人さまのご冥福をお祈りするとともに、女将さんに置かれましてはお身体を大切に、末永くお元気でいられますように。

料理写真カテゴリーに登録しております。 

↑このブログの写真が良いなと思っていただいた方は是非クリックお願いします。

Tags: 宝塚・伊丹・川西

Comment 2

2014.01.30
Thu
22:47

たか #-

URL

寂しいですね

いつも楽しみに拝見しております。
私も、ここの鰻が好きです。去年大将が亡くなったと聞いて残念に思っている1人です。
ここのお店は、珍しくtak様も店名も出して
いないので不思議に思ってました。
大将のご冥福をお祈りします。

編集 | 返信 | 
2014.01.30
Thu
23:22

tak #GCA3nAmE

URL

Re: 寂しいですね

たかさま
ありがとうございます。
本当に小さなお店なので、色々と考えて店名は控えさせていただいておりました。
やはり鰻だけではなく大将にも店に通わせる独特の引力があったと思います。

編集 | 返信 | 

Latest Posts