横暴患者に大学病院苦悩

 19,2007 22:00
手術器具

【横暴患者に大学病院苦悩、昨年は暴力430件暴言990件】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070819-00000001-yom-soci

最近の大学病院(にも限らないんですが)での患者側からの理不尽な暴言や暴力が問題視されておりいわゆる「院内暴力」として取り上げられることが出てきた。

この原因の一つがいわゆる「~様」呼称。それまで病院は「~さん」という呼び方だったのだが、これがどっかの勘違いが「~様」とすべきである、と言い出してからこういう感じになったそうな。(病院とホテルは違うんだって!)これが患者側の過度な権利意識を惹起させてこういうことの原因になったという見方がある。たしかとある大学病院では「~様」呼称をやめて「~さん」呼称に戻したところこういった「院内暴力」が収束したという事を聞きました。

この「院内暴力」は実は最近うちの病院でも問題になったことがありました。患者の息子(中年の男)がなにか気に食わないことがあると看護スタッフにつめより恫喝をし続けたのです。こちら側に特に非が無いにも関わらずです。

病院で勤務するのもこういう危険な一面があるんですというお話でした。

Comment 11

2007.08.20
Mon
01:07

giants-55 #CSnc5kz6

URL

妙な世の中

書き込み有難う御座いました。

小学校では男の子に「○○君」、女の子に「○○ちゃん」と呼ぶのを止め、一律で「○○さん」と呼ぶ所が増えているとか。何でも男女で呼称を変えるのは性差別に当たるというクレームが付いたから(乃至は付きそうだから)と。妙な世の中です。

駅員に対する乗客の暴力も急増しているそうで、その中心は30代以上の中高年。物事の分別が在る筈の年代が、難癖を付けて自身のストレス発散をしているというのは、これ又妙な世の中。

こんな世の中だからこそ、病院内でも考えられない様な暴力が多発しているというのは驚くべき事ではないのかもしれませんね。以前、自ブログでも記事にしましたが、医師の側にも患者とのコミュニケーションを放棄している様な困ったちゃんが居るのも事実ですが(まあそういった人は極めて例外的な存在だとは思っていますが。)、それ以上に勘違いした患者も多いというのは困ったものです。

P.S. 昨日の試合では阿部選手がサヨナラ満塁ホームランを打ってくれましたのでかなり溜飲を下げる事が出来たのですが、如何せん試合運びが稚拙なのがねえ・・・(苦笑)。

編集 | 返信 | 
2007.08.20
Mon
01:16

tak_123 #GCA3nAmE

URL

giants-55さま
病院って割と閉鎖的な社会、というかある意味特殊な環境ですから、そこに身をゆだねる方々のご心労はお察しすべきなんでしょう。しかしなにかというと病院側をこまらせる患者関係者もしばしば見受けられるのも事実。下手に出ていればいい気になって恫喝まがいの暴言を吐く輩もいるんです。まあそういうアレな人たちは置いといてわが国の医療環境を根本的にもっと良くするには医療費を諸外国並みにもっとかけていくべきでしょう。そうしないとマンパワーも期待できませんから。

編集 | 返信 | 
2007.08.20
Mon
07:53

KABA #UcCZNn4g

URL

なんかね、、こんな考え方は、日本的ですね。

日本のお客様至上主義ってのが、屈折して、そのような考え方になっていると思います。

アメリカで商売していると、ま、機械を売っているので、お客様はお客様なんだけど、どちらかというと、一緒にビジネスをするって感覚のほうが強いです。
そうなれば、異常なリベートや接待なんか、ないんだけど、日本の社会はまだまだ、「うちは客だぞ」みたいな対応をするひと、多いですわ。

あ、ちょっとずれました??

編集 | 返信 | 
2007.08.20
Mon
12:37

tak_123 #GCA3nAmE

URL

KABAさま
そうですね。屈折した人が病院という特殊な環境の中に入ったときそれが
暴力という形ででてくるのでしょうか。日本人ってサービスを受ける側に
へんな特権意識が大きくあるのかもしれませんね。

編集 | 返信 | 
2007.08.20
Mon
13:03

KABA #UcCZNn4g

URL

>日本人ってサービスを受ける側に
>へんな特権意識が大きくあるのかもしれませんね

その通り!! 同感同感。
サービスを引き出すのも、客のテクニックですよね。本来。
そのあたり、航空会社のサービスもいっしょ。
僕は、JALの過剰なサービスは嫌いです。

編集 | 返信 | 
2007.08.20
Mon
21:22

nonnon #-

URL

ちょっと考えて!

わたしは医療関係者でも患者でもありますが、病院の中って一般常識とあまりにもかけ離れています。患者として行くたびにとても驚くようなひどい扱いをうけて、不愉快な思いをして、高いお金を請求されるまま払って帰ってきます。
患者は、患者という別の種類の生き物ではありません。あなたと同じように普通に愛し愛されて生きている人がある日突然病気や怪我をしただけなのです。
患者さんはお店に行くとお客さんですが、なぜ、お客さんではなく病院の患者さんが暴れるようになったのか私の含めてですがよく考えなければいけないと思います。

編集 | 返信 | 
2007.08.20
Mon
21:59

tak_123 #GCA3nAmE

URL

KABAさま
JALですかぁ~アタシはあまりしょっちゅう飛行機に乗らないから比較がきっちりと出来ないかも。
ANAの方がなんとなく雰囲気が好きですが。。。

編集 | 返信 | 
2007.08.20
Mon
23:08

tak_123 #GCA3nAmE

URL

結構考えてますよ

nonnonさま
>わたしは医療関係者でも患者でもありますが、病院の中って一般常識とあまりにもかけ離れています。患者として行くたびにとても驚くようなひどい扱いをうけて、不愉快な思いをして、高いお金を請求されるまま払って帰ってきます。

そちらがご勤務されている病院ではそうなのでしょうか?当院ではすくなくともあまりにかけ離れているとは思えないのですが。。。ちなみに私も私用で他の病院に患者としてかかることが時々ありますが、そんな酷い扱いを受けることはなかったのですが?

>なぜ、お客さんではなく病院の患者さんが暴れるようになったのか
病院でない一般店舗でお客としてでも暴れる方はいらっしゃいますね。ここで航空会社の事が出てきましたが、客室乗務員に対する「機内暴力」も問題になっている昨今です。今回私が紹介したケースの場合なぜ他の患者さんから同じような恫喝行為等が無いのかを考えるとどちらが一般常識と離れているかわかりますね。
もちろんこちら側に不手際があって、それをちゃんと抗議された場合当方としても反省し改善の材料とさせていただいております。ただこの場合は患者家族から看護師や看護助手等への暴力が確認されましたので。

編集 | 返信 | 
2007.08.21
Tue
00:55

たかさん #-

URL

新聞報道にもある通り医者や教師への無茶苦茶とも言える暴言や対応は、いかがなものかと思います。ひと昔だと考えられない事だと思います。
いわゆる聖職者に対する尊敬の念があまり少なくなってきたのではないでしょうか。
しかし職業としてこの仕事に従事している人も多くなってきていると事実もあり人から先生と
呼ばれる職業は人格、仕事などで尊敬される人間にならないといけないのではないかと思います。

編集 | 返信 | 
2007.08.21
Tue
01:25

tak_123 #GCA3nAmE

URL

たかさん
>しかし職業としてこの仕事に従事している人も多くなってきていると事実もあり人から先生と呼ばれる職業は人格、仕事などで尊敬される人間にならないといけないのではないかと思います。

理想なのかもしれません。そして真の理想を言えば同じ事をあらゆる職業に、そしてすべての人たちに当てはめられると思います。私は自分に与えられた職務をちゃんと遂行することを良しと考えております。そしてこれは同時にすべての職業人に言える事であり、「たかさん」が何らかの職業についているのであればなんら変わりないと思います。先生と呼ばれようがなんだろうがです。
それを傍から見ている人にどう映るか、十人十色ですね。私の結論です。

編集 | 返信 | 
2007.10.08
Mon
20:31

3 #-

URL

こんにちは、初めまして。日本国内某所にて生息する医療従事者です。この度、以下のブログを立ち上げましたので是非とも皆さんに立ち寄って頂きたく書き込みしました。多くの医療者は理不尽な要求にも「相手が患者」という呪文のような一言で泣き寝入りに近い状況があると思います。セクハラ、暴言、暴力・・・等々。過日から話題にもなっています「モンスターペアレント」ならぬ「モンスターペイシェント」も社会問題にならないのでしょうか。1人でも多くの皆さんに知って頂きたくて書き込みしました。

アンタ何様、患者様!?
~~~医療界にはびこるクレーマー白書~~~
http://blog.goo.ne.jp/ahodomo/

編集 | 返信 | 

Latest Posts