幼稚園児並の知能しか持ち合わせない大人が得する社会に

 30,2011 00:00
携帯でやけど、賠償命令確定=製造元の上告棄却―最高裁

 ズボンのポケットに入れた携帯電話がこたつの中で発熱し、やけどを負ったとして、宮城県の男性(56)が製造元のパナソニックモバイルコミュニケーションズ(横浜市)を相手に約545万円の損害賠償を求めた訴訟の上告審で、最高裁第1小法廷(宮川光治裁判長)は27日付で、同社側の上告を棄却する決定をした。製品の欠陥を認め、同社に約221万円の支払いを命じた二審判決が確定した。
 二審仙台高裁は、男性が携帯電話を通常の方法で使用していたのにやけどを負ったことから、設計や製造上の欠陥があると認定。男性は自ら専門家に依頼して調査することを余儀なくされたとして、調査費用150万円も同社が負担すべきだとした。一審仙台地裁は欠陥を認めず、請求を棄却していた。 


面倒くさい大人だな。携帯の説明書きには「火気に近づけないように」と書いてあるだろう。
これでまた「携帯電話をポケットに入れたまま、コタツに入らないで下さい」というヴァカみたいな注意書きが増えた。
っていうか、こんなことで提訴するなんて普通の感覚なら恥ずかしくて出来ないんだけどね。
それにこの二審の裁判官もどうよ。コイツも頭わるいんじゃないの?

幼稚園児並の判断能力しか持ち合わせない、その上恥知らずな連中が得する社会になっていくのか。

正に左巻きが目指す社会だなw

ザン無いね。。。

Comment 6

2011.11.13
Sun
20:20

mahoutukai_sally39 #-

URL

モラルの低下

最近の大人は狂っていると痛感せざるを得ない事件、事故が多発し過ぎています。
これに環をかけ危機感を感じるのは、こういった類の訴訟における裁判でも、
そういった類の言い分を採用した裁判結果が出ていることです。
「言ったもん勝ち」「ダダを捏ねたもん勝ち」という感がしてなりません。
日本人が持っていたモラルは、言い換えれば日本人のプライドだったように思うのですが、
今やその自尊心は日本人にはなくなったと言わざるを得ない昨今です。
優先座席に一番に座る若者、立っているのは戦後を生き抜き、
日本をここまで成長させた世代です。
『本当に情けない時代が来た』と痛感し痛切に思うのは、
私だけではないように思うのですが。
かといって、愛国心(軍国主義)と民主主義は別個の問題と思っています。
なので、一緒の問題として論議して欲しくないと思います。

編集 | 返信 | 
2011.11.14
Mon
00:13

tak #GCA3nAmE

URL

Re: モラルの低下

mahoutukai_sally39 さま

はじめまして。書き込みを頂きありがとうございます。

>「言ったもん勝ち」「ダダを捏ねたもん勝ち」という感がしてなりません。
はい、そうですね。全く同感です。

ただ、若い人でも優先座席に真っ先に座っても可と私は思います。
対象となる方がいたら譲ってあげればいいのですから。

私が乗っている電車では席を譲っている若い人も普通に見かけます。

編集 | 返信 | 
2011.11.14
Mon
22:04

言葉足らずでした。私も「若い人でも優先座席に真っ先に座っても可。対象となる方がいたら譲る」と同じ考えです。
私の子育ての時には、母に「生まれて数か月しか経っていない赤ちゃんを、人混みの中に連れて行ってはいけない。」と言われ、「子どもを産んで育てるということは、少しの間は我慢しよう」と自分自身に言い聞かせたものです。「公園などの安全なところ以外では、子どもが小さい時は手を離してはいけない」「手を離しても目は離してはいけない」と言わたものです。
花火、回転ドア、割りばしの事故、ため池やつり橋からの転落事故、悲しい事故をたくさん聞く度、
親から言われた教えが頭の中に浮かんできました。
事故が起これば、何でもカンでも、管理者、生産者の過失になる判決。「親の責任はないのか」と思います。自然の景観の美しさや親の責任を問うことなく、すぐに柵を講じる対策がなされる。
これが、今の日本の現実です。残念でなりません。


編集 | 返信 | 
2011.11.14
Mon
23:37

tak #GCA3nAmE

URL

Re: タイトルなし

mahoutukai_sally さま

> 事故が起これば、何でもカンでも、管理者、生産者の過失になる判決。「親の責任はないのか」と思います。自然の景観の美しさや親の責任を問うことなく、すぐに柵を講じる対策がなされる。
> これが、今の日本の現実です。残念でなりません。

本当にそうですね。
一部の弱者の振りをしたバカどものために、壊されて行く、失われていくものが多すぎる悲しい世の中になってきてしまいました。
中学生の頃からでしょうか。道徳の時間と銘打った所謂「同和教育」盛んな学校にいた頃から
連中の本性をアリアリと見てきましたから。同時に「福祉は人間をダメにする」という現実も見てきました。
アカ、左巻きの連中を見るたびに吐き気をもよおすのはそのためなんです。

編集 | 返信 | 
2012.07.24
Tue
19:38

23歳 #-

URL

必要性もない生活保護の申請や、権利者意識を執拗なまでに振りかざす迷惑な人間をみているとはらわたが煮えくり返る思いです。そういう厚顔無恥な人間は人を恫喝することで下品な楽しみにふけっていたり、どのようにすれば楽して金を稼げるかばかりを考えています。昨今のニュースやインターネットを見ている限りでは、真面目に働いている人が虐げられるような、風潮が蔓延していると感じます。また、教育現場などにおいては、モンスターペアレントの問題も注目され、まさに生徒はお客様状態になっています。これというのも非常識な人間が増えて「権利」が暴走しているからではないでしょうか?しかしながら、「権利」を執拗に主張するひとほど義務を果たさないんですよね。
最後に隙あらば、法的手段に訴えて金をせしめようとする人間が後を絶たない昨今ですが、今はそういう人間が蔓延していることに強い危機感を感じます。

編集 | 返信 | 
2012.07.24
Tue
21:24

tak #GCA3nAmE

URL

Re: タイトルなし

23歳さま

書き込みをありがとうございます。
権利意識ばかりで義務を果たさず、そういう人間の蔓延に私も非常に危機感ややるせなさを感じます。
まずは現物支給等生活保護のシステムをそのものを変える事が必要だと思います。

編集 | 返信 | 

Latest Posts