Martin Berasategui

 17,2013 00:00
ビアリッツからスペインバスクのサンセバスチャンへ。

滞在しているホテルからタクシーで20分/18Eくらい。
閑静な住宅街に普通の家っぽい佇まいでそこはありました。

Martín Berasategui
Martín Berasategui

予約している13時少し前に到着。テラス席に通されました。
テラス

天気もよく絶好のテラス日和です。

頂いたのはTHE BEST OF MARTIN BERASATEGUI'S CUISINE~THE GREAT TASTENG MENU~175E。
(以下メニュー名は私が適当に訳してつけたものですので、信憑性は?ですw)


・1995 スモークした鰻とフォアグラ、玉葱、林檎のミルフィーユ
鰻
まずはのっけから、こちらのシェフの繊細さが垣間見える一品。
旨み、酸味、香り、全てのバランス感覚が素晴らしい。

・2011 天然サーモン、海草、胡瓜のソース、果物とはつか大根を添えて
サーモン

・2011 牡蠣と胡瓜、サワーフルーツ、カーフィルとココナッツ
牡蠣

も~これ最高!(・∀・)
なんつ~か、胡瓜のスープ的なものが意外と濃厚で、これに半生の牡蠣が合う事といったら。
料理をたべてビックリしたというのは本当に久し振り。素晴らしい!

・2009 生フェンネルのリゾット
フェンネル

・2011 "Gorrotxategi" Red tuberの液体サラダと玉子、デュラップのカルパッチョ
デュラップのカルパッチョ

・2001 温かいシーフードサラダ
サラダ
目が覚めるような鮮やかさ。スペインってホント葉っぱ系生野菜食べないから、余計に綺麗に見えたのかも。

・2001 海藻とムール貝、ゼリーコンソメ
コンソメ
コンソメスープですが直訳するとへんな日本語になってしまうので、勝手にゼリーと書いたのですがゼラチンでかためているかどうかは不明です。。。
それにしても美しすぎます。美味しいです。

・2001 ヒメジのロースト、海藻サラダ、胡麻とナッツ
ヒメジのロースト

・2011 サーロインステーキ”Luimi”スイスチャードのクロロフィルとチーズボンボン
サーロインステーキ
和牛が一番とか言っている場合ではないよ。柔らかで牛の旨みを充分に堪能できます。
つーか焼き加減が良いんだよね。

・2011 バジルとライムのシャーベット、生のアーモンド
バジルとライムのシャーベット

完璧に美味い!
風味がギュッとなったバジルにライムシャーベットの酸味のコントラストよ!


・2010 チョコレートとアカシアのハチミツ、アイリッシュコーヒー 
チョコレートとアカシアハチミツ

・紅茶
紅茶
このカップ持ちやすくてイイ!

結論、ここに再訪するためにもう一度サン・セバスチャンに行きたい位。
(もちろん夜のバル巡りこみですがw)
サービスもミシュラン三ツ星だからといってお高くとまっていないし、洗練されていますが凄くフレンドリー。丁寧さが過ぎると慇懃無礼に感じるけど、ここはお客をリラックスさせてくれる気持のいい空間で本当に楽しい時間を過ごさせてもらいました。
途中にビアリッツ在住のフランス人カップルと仲良くなり、彼らも料理写真や自分たちの写真を取り巻くっていまして、マルティンさんも登場し皆でフォトセッションとかして遊んでいました。

料理も雰囲気も最高でした。いつかきっと再訪したいと思います。


Martín Berasategui 
 

 

Tags: バスク

Comment 2

2013.03.17
Sun
22:46

 #

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

編集 | 返信 | 
2013.03.17
Sun
23:12

tak #GCA3nAmE

URL

Re: タイトルなし

鍵コメさま

了解しました。

編集 | 返信 | 

Latest Posts