【Blu-spec CD】 There & back/Jeff Beck

 19,2011 00:00
Blu-spec CDってのがあると言う事をつい最近知りまして、ちょっとずつ集めています。

今回普及版CDとどれだけ違うのかと効き比べてみました。俎上に上げたのはこれ

There & back/Jeff Beck
There and back
我が家のオーディオ、というよりはAVで聞いてみました。
Player:sharp Aquos blue ray
Amp:Onkyo TX-SA606
Speaker:JBL A660+A66(2.1ch)

1曲目のスターサイクル、ドラムの音とかの粒立ちというか分離度というか、
確かにBlu-specの方がしっかりと聞き取れる感じ。
5曲目のエルベッコは出だしのピアノの透明感がちょっとだけBlu-specが上回っていた。
7曲目のスペースブギは両者殆ど差は感じられず。

もっとキッチリとした環境で聴いたならある程度差は感じるかもしれないですね。
アルバムの元音源にもよると思いますが。
結論どうせ買うならBlu-specの方を選ぶなぁ。。。

このBlu-specだけでなくSHM-CDとかハイクオリティーCDの規格が色々あるので、
ボチボチと買い集めて見ましょうか。既に購入済みのBlu-apec CDです。
   

Comment 2

2011.04.19
Tue
23:47

nr #3UvckuO.

URL

TOTOのターンバック、Ⅳあたりの、ゴリゴリした音をハイクオリティで、聴いてみたいです。
昔のレコードの半速カッティングみたいなもんなんでしょうね。

編集 | 返信 | 
2011.04.20
Wed
00:26

tak #GCA3nAmE

URL

Re: タイトルなし

nrさま
ターンバックは私も好きなアルバムです!そうですね、一度ハイクオリティーCDで聴きなおしてみたいです。

編集 | 返信 | 

Latest Posts