前原外相、外国人から違法献金 政治資金規正法に抵触

 05,2011 00:00
前原外相、外国人から違法献金 政治資金規正法に抵触 産経新聞 3月4日(金)16時22分配信

前原誠司外相は4日午後の参院予算委員会で、京都市内に住む外国籍の男性から献金を受けていたことを明らかにした。自民党の西田昌司氏の指摘を認めた。政治資金規正法は外国人または外国法人から政治的寄付を受けることを禁じている。



政治資金規正法 第二十二条の五
何人も、外国人、外国法人又はその主たる構成員が外国人若しくは外国法人である
団体その他の組織(略)から、政治活動に関する寄附を受けてはならない。


zainichi

まぁ、前原氏個人がどうのこうのというより民主党って所詮そんな政党ですよ。
さっさと国政から退場して楽になれ。


追加補足(110307)

 前原誠司外相が在日韓国・朝鮮人に認められた「通名」表示の見直しに言及した。5日の記者会見で「再発防止策」を問われた外相は、「名前だけでは国籍が分からない問題もある。その点について、どう判断していくかは大変重要だ。ネット献金などで実は外国籍だったということも起こり得る。何らかの見直しをしないと、意図的な事案が起こらないとも限らない。」などと語った(時事通信)。



また犯罪者が在日朝鮮人の場合、マスコミの報道の姿勢にも問題あり。

 この在日韓国・朝鮮人の「通名制度」については、在日特権を許さない市民の会(桜井誠会長、会員9959人)がかねてから撤廃を主張してきた「特権」。金融口座の通名使用や年金、各種税金・生活保護の優遇といった経済的特権だけでなく、多発する犯罪の際に「通名」で報道されるケースが圧倒的に多いため、残虐な事件の犯人が在日韓国・朝鮮人ではなく日本人だと誤解され、日本人を貶める報道が反日マスコミによって現在も続いているという深刻な問題がある。

 最近での象徴的な事件が2001年2月に発生したルーシーブラックマンさん殺害事件。事件は当初、日本人の織原城二の犯行として日本のマスコミは報道を続けたが、イギリスのタイムスが実は元在日韓国人・金聖鐘(キム・スンジョン)だと暴露すると、日本のマスコミの事件報道は急速に沈静化してしまった、という決定的な汚点を残したのは記憶に新しい。


マスコミは通名で報道。



在日朝鮮人による犯罪の通名報道を問題視する事は極めて当たり前の感覚。

 
参考サイト:花うさぎの「世界は腹黒い」 
 

Comment 4

2011.03.05
Sat
07:30

しゃべる臓器 #-

URL

減税で国民を欺く民主党解体 

確か五万円の献金 汚沢に比べりゃ端金ですが、今回の件は秘書があふぉすぎると思います。
このタイミングででてくるなんて、暇なやつ、足を引っ張っている奴がいるんでしょうなあ。
世紀末の民主党、、、そういえば あの16人の新人議員(みんなアフォ面ですが)を
首にできない党ってどこかおかしくないでしょうか?
税金もらって国会欠席するなんて カンニングより始末が悪い。と思います。

編集 | 返信 | 
2011.03.05
Sat
22:02

tak #GCA3nAmE

URL

Re: 減税で国民を欺く民主党解体 

しゃべる臓器様
ええ、とりあえずミンスは退場ということで。。。!

編集 | 返信 | 
2011.03.09
Wed
12:40

tomtom #a5EdLq96

URL

この際

ミンスの中にあって少しまともなのかなと思っておりましたが、「やっぱり」という感じです。
長島昭久議員はミンスには勿体無い方ですし、西村慎吾さんが在籍していたのが不思議です。

編集 | 返信 | 
2011.03.09
Wed
23:30

tak #-

URL

Re: この際

tomtomさま
若かりし頃は理想に燃えた人だったのかもしれませんが、パチンコ利権からの献金も噂されていますしやっぱりダメな人だったんでしょうか。対中では強硬姿勢を見せていただけに残念です。

編集 | 返信 | 

Latest Posts