とあるお寿司屋さん。釣られて行ってきました。2週間前に予約して。学習しろとか懲りないとかは言いっこなし。初見のお店は期待と検証が常に半々なのです。見ての通り暖簾がかかっていないので最初通り過ぎました。小さい店で予約で既に一杯だからでしょう。入店してカウンターを見ると巨人の星を思い出しました。座ってお茶をお願いして、「どうしますか?つまみからにされますか?握りからで?」周りの空気で何となく察しました...