もうあの名調子は聞けないのか。。。女将さん「実は。。。」...