感動云々はあまり無かったのですが、劇中では夏八木勲さん、田中 泯さんが印象的でした。特攻隊を含め大東亜戦争に関わらざるを得なかった人たち、すなわち当時のすべての日本人の事を改めて”想う”きっかけになりました。結論私がこの映画を観て感じたのは・・・「戦うことは否定しないけど、命を粗末にしてはいけない。」official...