比良山荘へ何度か目の再訪、そして何度か目の雨。。。春の間~鮎松~まずは茸な碗松茸のお吸い物。背筋しゃんと。山と川、秋の饗宴の始まりを告げます。黒皮茸の胡麻酢和え、松茸の旨煮、川ごり、ほおずき玉子。。。八寸の器が以前の感じに戻って良かった。鯉の洗い香り、味、テクスチャー。この鯉の洗いを頂くたびに「あ~やっぱりこれでなくっちゃ」と思わせてくれます。子持ち鮎の塩焼き呉須の効いた大鉢、躍る眺めがこれまたな...