「マイケル・ジャクソン」 いや、やっぱりこの人は凄いわ。この作品は世界で最高のエンターテイメントの舞台裏がそのまま見られるという意味で非常に価値があると思います。彼自身がそのショーをクリエイトし、パフォーマンスしていることが本当によく分かります。彼を支えるダンサー、ミュージシャン、スタッフの全員が彼のファンであり、同じステージに立てる事はそれ自体が夢であり、栄誉である事もよく伝わってきました。ダン...