「俺の居場所はあそこなんだ。。。」主人公ランディーの生き方を観ていてヒリヒリした。ずっと自分の胸の奥底にしまいこんだある種の羨望がそこにあった。男の生きかたの見本のような、その現実、光と影をこれほど直視した映画って無いと思う。そこには時代のリアリティーがあって、嘘偽り無い物語に思えた。RattのRound and Roundを聞きながらおどけるシーン、「モトリークルー、デフレパード、それにガンズアンドローゼズ、8...