認知症患者の爪はがす、「ケア」主張退け元看護課長に有罪 (魚拓) 北九州市八幡東区の北九州八幡東病院で2007年6月、入院中の認知症患者2人の爪計3枚を剥離(はくり)させ、それぞれ10日間のけがを負わしたとして、傷害罪に問われた同病院元看護課長・上田里美被告(42)の判決が30日、福岡地裁小倉支部であった。 田口直樹裁判長は「患者の苦痛や出血を避ける看護行為でやったものではなく、傷害行為と認められる...
☆なんとなく麻婆豆腐のクチになっていたので、六甲道の人気店へ行ってみる事に。中国料理 四川お店は山手幹線沿いにあります。この日6時30分ごろに到着したのですが、満席で店の前は軽く行列が出来てました。人気あるんですね。聞けば一時間待ちとのこと。。。しょうがないから名前と連絡先を伝えて時間を潰しに。。。御影新生堂山手幹線~2号線にかけて車でウロウロと。御影でこの酒屋さんの前を通りかかって面白そうなので...