すき焼き~6300円 古びた、落ち着いた二階座敷へあがると、道をへだてた向こうに黒い瓦屋根がつらなり、道を通る自転車の音すらきこえない。牛肉が運ばれてきた。赤い肉の色に、薄く靄がかかっている。鮮烈な松阪牛の赤い色とはちがう。松阪の牛肉が丹精をこめて飼育された処女なら、こちらの伊賀牛はこってりとあぶらがのった年増女である。~池波正太郎著 「食卓の情景」より夙川での花見を後にした我々が目指したのは池波...